読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

2,980円で低温調理機を作ってみた。ロゼ色の柔らかお肉が食べたい!!

夏休みの自由研究です!w

f:id:wedges:20150826135136j:plain

 

お手軽な低温調理機と言うと、炊飯器がありますが温度管理はできません。

温度管理を考えるとIHクッキングヒーターですが、あまり細かく温度設定ができるものが意外に無い。

 

そこで、こんなものを買ってみた。

 

まあ、電気工作が必要ですが。

f:id:wedges:20150826140805j:plain

使っていない延長コードをぶった切って、導線をこんな感じに出せる技能があれば、難しくありません。

 

ビニールテープも必要です。あと、ドライバーも。

f:id:wedges:20150826141352j:plain

導線を刺して、ドライバーで締めるだけ。

 

まあ、最終的にこんな感じ。

f:id:wedges:20150826141533j:plain

 

通電の儀式

いよいよ、コンセントに刺す。ちょっとドキドキ。

無事に、動いてます!

f:id:wedges:20150826144848j:plain

 

ごめんなさい!
2,980円だけではございません。
電熱線コンロ(1,518円)も買いました。

 

f:id:wedges:20150826145836j:plain

イズミ 電気コンロ IEC-105 オレンジ

イズミ 電気コンロ IEC-105 オレンジ

 

 

いよいよ、調理。

本日は、豚肉のコンフィをつくります。

f:id:wedges:20150826150139j:plain

塊肉が欲しかったのですが、良さそうなのが無かったので、本日はイベリコ豚。

 

ハーブと塩を全体にすり込み、10分ほど放置。
ドリップが逃げるように、割り箸の上に載せました。

香りソルトイタリアンハーブミックス 53g

香りソルトイタリアンハーブミックス 53g

 

 

湯煎調理は、ジップロックは対応していないので、こんなでやってみました。

 

湯煎用 調理バッグ 5枚入り

湯煎用 調理バッグ 5枚入り

 

 

しかし、65℃程度での調理なので、ジップロックで良かったようです。

100℃を超えるような鍋底に当てなけれいいので。

 

f:id:wedges:20150826151550j:plain

設定温度を63℃に設定して、調理スタート!
(この上に、お皿をのせ浮かないようにしました。)

 

徐々に温度が上昇し、設定の63℃になると電熱線コンロが停止。
機能していますね。

 

電熱線が高温なので、すぐには温度が下がらず、67℃まで上がっちゃいました。

 

67℃から温度が下がり始め、60℃になった時点で、電熱線コンロが動き出す。
そして、また63℃になると停止。予熱で65℃まで上昇。

 

こんなかんじで、その後は、60〜65℃の間を行ったり来たりしながら90分。

 

こんな、豚肉が完成。

f:id:wedges:20150826135136j:plain

 

しっとり、柔らか、ジューシー!これは、かなり良いですね。

 

次の課題

次はこそは、塊肉でやってみたい。

それと、設定温度を変更したい。

 

今回、設定温度63℃で、60〜65℃の範囲だったのですが、これは初期設定が設定温度から3℃下がると動作する設定だったから。

 

この3℃1℃に変更できるので(1〜50℃の範囲で変更可能)、もう少し厳密な温度管理で調理したいです。