読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

STAR WARSのトリビア(雑学)。エピソードの順番は解りづらい?

Entertainment Entertainment-StarWars

喫茶店で、隣の席のお兄さんが店員さんとスターウォーズの話を始めたが、なんか噛み合っていない!

 

「原点」、「名作」、「素晴らしい」など聞こえてくるが・・・。

 

なぜなら、店員さんはエピソード4をエピソード1と勘違いしているからだ。お兄さんは「ファントムメナス」ですか?と聞いているが、店員さんは、ちょっと適当っていうか、サブタイトルまで知らないって程度で・・・。

 

スターウォーズの原点

そもそも原点は、1977公開のエピソード4。公開当時は「Episode IV A NEW HOPE」なんて付いていなかった。単にスターウォーズだけ。

 

帝国の逆襲に「エピソード5」とは付いていないし、ジェダイの復讐にも「エピソード6」とは付いていなかった。というか、帝国の逆襲はスターウォーズ2、ジェダイの復讐はスターウォーズ3という認識の人が多い。

 

これらの三部作から10年以上経ってから制作された4作目に、エピソード1と付いたのです。4〜6作目がエピソード1〜3で、その前に作られた1〜3作目がエピソード4〜6ということ。ん〜、ややこしい。

 

図解すると、こうなります。

 

f:id:wedges:20151027025729j:plain

 

現在、スターウォーズは6部作としてDVD等が出ていますが、決してエピソード1から順番に観ないように!w

 

なぜなら、エピソード3は2005年公開のCGを使った壮大なもので、その次に観ることになるエピソード4は30年近く古い特撮映画なのです。

しかも、連続して作られたものではないので、繋がりは不親切なものとなってしまいます。

 

正しい楽しみ方とはいいませんが、オススメはエピソード4〜6をまず楽しむ。その後、4〜6の過去を描いた1〜3を、このキャラはこんな過去が合ったのか! と楽しむのがいいですよ。

 

「スターウォーズ」のトリビア

久々に全部を観なおして、さらにいろいろ調べてたりして、意外に皆んなが知らないと思うことをまとめました。

 

1. 原作小説は無い

スターウォーズは、原作を持たないオリジナル企画作品で、オリジナルである映画からほかのメディアへ展開し、商業的に世界的規模で大成功した最初の映画となった。

ジョージ・ルーカスのオリジナルなのです。

 

2. エピソード5と6の監督はルーカスではない

最初のスターウォーズを制作した時、2度も入院したほどの激務だったため、エピソード5とエピソード6では、製作総指揮に回り監督はしていません。

なので、エピソード1で監督をやるまでの22年間は監督をしていないのです。

 

3. グリーヴァス将軍はサイボーグだった

ドロイド軍の指揮官なので、てっきりドロイドと思っていたがサイボーグという設定でした。なぜドロイドが咳をしているのか不思議だったのです。

ちなみに、咳は当時気管支炎を患っていたルーカスの咳を録音し加工して使われているそうです。

 

4. サミュエル・L・ジャクソンはヨーダと共演したかった?

「ノーギャラでもいいからヨーダと共演させてくれ」とジョージ・ルーカスに頼み込んだそうです。

メイス・ウィンドゥが、紫のライトセイバーを使うのは、サミュエルが他とは違う色を望んだためだとか。

 

5. C-3POの右足のカラーリングの謎

エピソード4〜6では、C-3POの右足だけが何故かシルバーです。エピソード1〜3で、その謎が解明されるという噂もありましたが、結局まだ、解っていません。

謎のままです。 

 

エピソード7はどうなるのかな?

 

f:id:wedges:20151011034125j:plain

 

楽しみですね!!

 

 

スターウォーズ全6エピソードの図解

 

関連記事