読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

【スターウォーズ】図解でわかる「あらすじ」。エピソード6(全6回)

Entertainment Entertainment-StarWars
Star Wars Infographics Episode 6

スターウォーズの「あらすじ」インフォグラフィックス/エピソード6です。

今回は、1983年公開のエピソード6。今年12月に公開されるエピソード7「フースの覚醒」に直接繋がる旧三部作と言われるエピソード4〜6の最後の作品「ジェダイの帰還」です。

ジェダイの騎士として一人前になったルーク・スカイウォーカーが父であるダース・ベイダーを倒す物語です。

 

ちなみに、エピソード7は、エピソード6の約30年後を舞台としているそうです。

 

他のエピソードはこちら

 

Star Wars エピソード6の図解

 

あらすじ

①ダース・ベイダーが到着する

建設途中の第2デス・スターにダース・ベイダーが到着。司令官に皇帝のダース・シディアスが訪れることを伝え、工事を急がせます。

②R2-D2とC-3POがジャバ・ザ・ハットのもとへ

惑星タトゥイーンでは、ルークからのメッセージを持った2体のドロイドがジャバ・ザ・ハットの宮殿を訪れる。メッセージは、友人ハン・ソロを返してもらうために取引をしたく、その親善の証として2体のドロイドを贈るというものでした。

③捕らえられたチューバッカ

次いで、ブーシと名乗る小柄な賞金稼ぎがチューバッカを引き連れてやってきます。この賞金稼ぎ、実はレイアの変装で、チューバッカとともに宮殿に入り込む為の作戦だった。

④ランドも潜入

さらにハン・ソロの旧友のランド・カルリジアンも衛兵に変装し潜入。

⑤ハン・ソロの救出失敗

ハン・ソロをカーボン凍結から開放に成功したレイアでしたが、その企てはジャバにばれていて、レイアも囚われの身に。

⑥ジェダイの登場

ジェダイの正装であるローブを纏ったルークがジャバのもとに現れる。仲間の引き渡しを要求するもののジャバはそれを拒否。ルークを地下の檻に落とされます。そこには怪物がいたのですが、ルークはこれに勝ってしまう。怒ったジャバは、ルーク、ハン・ソロ、チューバッカを処刑することに。

⑦ルークたちの反撃

砂漠の処刑場で、ルークはR2-D2に仕込んであったライトセイバーで反撃開始。ボバ・フェットはあっけなく死に、ジャバはレイアに絞殺されます。

⑧ルークはヨーダのもとへ

ルークはヨーダとの約束を果たすために、惑星ダゴバへと向かいます。ベイダーは父親であることをヨーダが認め、また、ルークには双子の妹がいることをフォースと一体となったオビ=ワンから伝えられ、それはレイアだと直感する。

⑨デススターに皇帝が到着する

そのころ、第2デス・スターには皇帝を乗せたシャトルが到着。

⑩同盟軍艦隊へ集合

集結した同盟軍艦隊では、第2デス・スターへの攻撃作戦会議が開かれていた。立案された作戦は、ハン・ソロ率いる工作部隊がエンドアにある第2デス・スターのシールド発生装置を破壊し、その後、ランド・カルリジアン率いる戦闘機部隊がデス・スター内部に侵入し破壊するというもの。

⑪ハン・ソロ部隊の出撃

ソロはミレニアム・ファルコンをランドに託すと、エンドアに向けて出発する。

⑫イウォークとの遭遇

エンドアに到着した一行は、帝国軍のパトロール隊に発見され小規模な戦闘へと発展する。本隊から離れてしまったレイアはエンドアに住むイウォークに遭遇。彼女は村へと招かれ、一方で、ルークたちもイウォークの仕掛けた罠に掛かり捕らえられてしまうが、金色に輝くC-3POを見るや、神だと思い込み彼らを村へ連れて行きます。イウォークの村で、彼らを説得して仲間になります。

⑬ルークの投降

エンドアのシールド発生基地に投降したルークは、ベイダーと再開する。父親であることを認め、また改心させようとするルークを、ベイダーは皇帝のいる第2デス・スターへ連れていきます。

⑭ベイダーとの最後の戦い

皇帝は同盟軍の劣勢を尻目にルークを挑発し、彼をついに攻撃へと誘う。ルークが皇帝にライトセイバーを振り下ろすと、ベイダーがそれを受け止める。2人の衝突は、そのまま親子の最後の死闘に発展する。

⑮シールド発生装置の破壊

ソロたちは苦戦するものの、イウォークの活躍によりシールド発生装置を破壊することに成功する。

⑯ベイダーの改心

死闘の末、ルークはベイダーの腕を切断。皇帝はルークに服従を迫るがルークはこれを拒否する。

皇帝は電撃を放ち、ルークを抹殺にかかる。成す術なくもがき苦しむルーク。ルークの叫びがベイダーの心を動かし、皇帝を抱え上げ、反応炉へと続くシャフトに放り込み皇帝を倒してしまいます。

その後、力尽きたベイダーはマスクを外し、アナキン・スカイウォーカーとして息子の姿を確かめると静かに息を引き取った。

⑰第2デス・スターの破壊

ランド・カルリジアンのミレニアム・ファルコンと、ウェッジ・アンティリーズのXウィングがデス・スターの中心部に達し、ランドの放ったミサイルでデス・スターの破壊に成功。

⑱歓喜に湧く銀河系

銀河帝国の崩壊を祝って各地は歓喜で溢れていた。ルークたちもエンドアでイウォークとともに勝利の宴が開かれていた。その傍らで、ヨーダ、オビ=ワン、父であるアナキン・スカイウォーカーが見守っていました。

 

 

Amazonビデオ

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(字幕版)
 

  


「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」トレーラー

 

全6エピソードの図解

 

関連記事