読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

【スターウォーズ】図解でわかる「あらすじ」。エピソード5(全6回)

Entertainment Entertainment-StarWars
Star Wars Infographics Episode 5

スターウォーズのインフォグラフィックス/エピソード5です。

今回は、1980年公開のエピソード5。今年12月に公開されるエピソード7「フースの覚醒」に直接繋がる旧三部作と言われるエピソード4〜6の真ん中の作品「帝国の逆襲」です。

エピソード4のヤヴィンの戦いから3年後。まだまだ一人前のジェダイ騎士とは言えないルークに、オビ=ワンに代わってヨーダが修行を付けます。しかし修行が終わらないままベイダーと対決することになり惨敗してしまうというお話です。

 

他のエピソードはこちら

 

 

Star Wars エピソード5の図解

 

あらすじ

①帝国軍が偵察機を各地に放つ

スター・デストロイヤーから多数のプローブ・ドロイドが放たれた。その中の1機は惑星ホスにも到達し、反乱同盟軍の秘密基地の捜索を開始する。

②パトロールをしているルーク

惑星ホスの雪原で、反乱同盟軍のルーク・スカイウォーカーがトーントーンに乗りパトロールをしていたが、雪獣ワンパに襲われる。

③ハン・ソロがルークの救出に向かう

ジャバ・ザ・ハットから多額の懸賞金が掛けられ、借金を返さないといけないハン・ソロは、ミレニアム・ファルコンの整備を進める。レイアはハンに、ここに留まり反乱軍のために戦って欲しいというが、レイアに好意を寄せるハンは彼女の個人的な慰留が欲しかった。

そんなすれ違いの中、ルークが戻らないことを知ったハンは、夜になり急激に気温が低下する雪原に、ルークを探しに出ていきます。

④オビ=ワン・ケノービの助言

ルークが気が付くとワンパの洞窟に逆さづりの状態で捕らえられていた。ライトセイバーで戦い洞窟を逃れるも、厳寒の雪原で倒れてしまう。

そこに、フォースと一体となって姿を現した亡き師オビ=ワン・ケノービに、惑星ダゴバへ行きジェダイ・マスター・ヨーダに教えを乞えと告げる。

⑤AT-ATによる地上戦の開始

翌朝、2人はエコー基地を出撃した捜索隊によって発見され無事に基地へ。 その後、偵察機が不審な物体を発見し、帝国軍のプローブ・ドロイドであることが判明すると、反乱同盟軍基地の将軍は直ちに全軍の撤退を命じた。 

そのころ帝国軍では、プローブ。ドロイドの情報をもとに、ダース・ベイダーが全艦をホス星系へ向けさせ総攻撃を命じた。

AT- AT部隊による地上攻撃が開始され、ルークたちが迎撃する。しかし徐々に前線を後退させ、エコー基地に総員退去命令が下る。

⑥エコー基地からの撤退

ハンは、レイアをファルコン号に乗せてホスを脱出。しかし、軌道上ではスター・デストロイヤーが待ち受けており、彼らを執拗に追跡する。小惑星帯へと逃げ込み、その中の巨大な小惑星の洞窟に身を隠しました。

一方、ルークは無事にホスを脱出しましたが、合流地点へは向かわず、オビ=ワン・ケノービの助言に従い、惑星ダゴバへ向かいます。

⑦小惑星の洞窟

洞窟の中でファルコン号の修理に取り掛かる。そんな中、ハンは再びレイアに言い寄り、徐々に親密な感じに。

しばらくすると、マイノックというパワーケーブルを喰らう害獣が現れ、ハンたちは排除するため船外へ。するとそこは、巨大な生物の体内だと判り急いで脱出する。

スペース・スラッグから逃れるものの、またスター・デストロイヤーに追われることに。ハイパードライブはまだ直っておらず逃走は不可能。そこで特攻すると見せかけて艦橋の裏側に貼り付き、難を逃れる。

⑧ヨーダとの修行

沼の惑星ダゴバに到着すると、小柄なエイリアンの老人に出会う。小柄な老人はR2にイタズラをしたり、ワガママを言うなどしてルークを困らせるが、この老人こそがルークの探している偉大なるジェダイ・マスター、ヨーダであった。ルークを試していたヨーダは年齢と短気な性格を理由にルークを教えることをためらうが、オビ=ワンの説得により修行を始める。

⑨クラウド・シティへ向かう

スター・デストロイヤーが捨てるゴミに紛れ、脱出するファルコン号。脱出は成功にしたかに思えたが、ダース・ベイダーに集められた賞金稼ぎの一人ボバ・フェットには見つかり、密かに追跡される。

そんな追跡者がいるとも知らないソロたちは、旧友ランドが執政官を務めるクラウド・シティのある雲の惑星ベスピンに向かう。

⑩ハン・ソロが炭素冷凍される

クラウド・シティに到着したソロたちはランドからもてなしを受けた。しかしランドは帝国のクラウド・シティへの不干渉と引き換えに、ベイダーに彼らを売り渡します。

ソロは実験台としてカーボンフリーズ(炭素冷凍)にされ、フェットに引き渡されてしまう。

⑪修行を中断し救出に向かう

レイアたちの危機を予知したルークは、ヨーダとオビ=ワンの制止を振り切ってベスピンへ向かい、レイアたちを救けるためベイダーと戦う。

隙を突いて帝国を裏切ったランドは、レイアとチューイーを解放してソロの救出へ向かい、R2もこれに合流。

⑫ハン・ソロはジャバ・ザ・ハットのもとへ

しかし一歩及ばず、彫像と化したソロを載せ、フェットのスレーヴIは発進してしまう。懸賞金を貰うために、ジャバ・ザ・ハットのいる惑星タトゥイーンへ向かって。

⑬ルークの敗北

ベイダーはかつての師であるオビ=ワンに教えを受けた若きスカイウォーカーの力量に感心するが、両者の実力の差は歴然としていた。ルークは右手を失い追い詰められる。

そして、自分こそが父親なのだという驚愕の事実を告げるも、ルークはその言葉を激しく否定。ベイダーが、親子で皇帝亡き後の銀河系を統治しようと持ちかけるも、ルークは断り、自ら奈落の底へと落ちていく。

⑭ルークの危機に気づくレイア

ファルコン号で脱出したレイアたちでしたが、クラウド・シティの底で助けを求めるルークに気づきルークを救出。ベスピンを脱出したファルコン号に、ベイダーの戦艦が迫る。R2-D2がハイパードライブ修理し、なんとか危機を乗り越え反乱軍の会合地点に到着。

⑮ハン・ソロの救出作戦開始

右腕の治療を終えたルークとレイア、R2と3POが見送る中、ランドとチューバッカが一足先にソロを救出するため、タトゥイーンへと出発。

 

Amazonビデオ

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(字幕版)

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(字幕版)

 

 


「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」トレーラー

 

 

全6エピソードの図解

 

関連記事