読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

ロードバイク 人気メーカーのランキングBEST21!弱虫ペダルをもっと楽しもう!Part 1

Entertainment Entertainment-Ranking

週刊少年チャンピオンで連載中の自転車競技漫画「弱虫ペダル」。2014年10月よりテレビアニメが第2期スタートし、ますます人気のようです。

 

ロードバイクやツール・ド・フランスはみたことはあるけれど、自分で乗ろうと思わなかったので、どんなメーカーがあるのかは知りませんでした。

 

そこで、ロードバイク乗りが選ぶ、あこがれのロードバイクランキングがネット上にあったので、それぞれどんなメーカーなのか調べてみました。

 

それと、「弱虫ペダル」の劇中に出てくるロードバイクに誰が乗っているのかも、合わせて調べてみました。

 

1位 LOOK(ルック)【フランス】

1984年、業界初のビンディングペダルを発表し、ツール・ド・フランス総合優勝に貢献。さらに、カーボンをツールドフランスに初めて持ち込んだメーカーです。

カーボンフレームの老舗ブランドで、2000年から3年連続のツール・ド・フランス山岳賞獲得、ブエルタ・ア・エスパーニャ2000年、2002年総合優勝を達成するなどロードバイクでの実績もさることながら、トラックレース用フレームでの実績も数多く、2004年のアテネオリンピックで9個のメダルを獲得するなど、ロード・トラックを問わず、実績を残しています。

f:id:savoia1976:20141020155129j:plain

弱虫ペダルでは【LOOK 595 らしい

箱根学園1年、真波 山岳が乗っています。

弱虫ペダル 6 (少年チャンピオン・コミックス)

 

2位 TIME(タイム)【フランス】

現在のカーボンレーサーフレームの元祖と言えるTVT社が分裂し、その一方がこのタイムとなりました。もうひとつはLOOKです。1987年創業。2005年、2006年のロードレース世界選手権優勝など数々の輝かしい実績を残しています。しかし近年はプロツアーチームへの供給は少なく、グランツールなどでも目立った活躍は少ない。それでも国内・外を問わず人気なのは供給スポンサーなどのしがらみが少なく、本当に気に入った機材を使うことのできるハイアマチュア間の評価が高いことを意味しているともいえます。
f:id:savoia1976:20141020160320j:plain

弱虫ペダルでは【TIME VXRS ULTEAM らしい

千葉県立総北高校3年、巻島 裕介が乗っています。

弱虫ペダル 5 (少年チャンピオン・コミックス)

 

3位 DE ROSA(デローザ)【イタリア】

レース界で高い評価を得ているデローザは、ウーゴ・デローザが1953年に創業。ハートマークが美しい、歴史と伝統のイタリアンブランドです。いまも息子たちの手によって、その情熱は受け継いでいます。近年のカーボンフレームのニューモデルを比較的早いペースで投入。伝統的なスチールフレーム「ネオプリマート」も健在。
f:id:savoia1976:20141020160728g:plain

弱虫ペダルでは【DE ROSA MERAK EVOLUTION らしい

京都伏見高校の1年、御堂筋 翔が乗っています。

弱虫ペダル 16 (少年チャンピオン・コミックス) 

 

4位 COLNAGO(コルナゴ)【イタリア】

エディ・メルクスなどの一流選手を支えるメカニックであったエルネスト・コルナゴが始めたブランドで、一代で世界屈指のブランドにまで成長させました。スポーツ用自転車を市販する他、ロードレース用フレームビルダーとして、2013年までに140以上のチーム、2,500人を超えるプロ選手に自転車を供給し、7,000勝以上を挙げています。2010年、新城幸也所属のユーロカップカーにバイクを提供したことで、日本では新たに人気を獲得。また、フェラーリとのコラボレーションモデルも有名。
f:id:savoia1976:20141020161052j:plain

弱虫ペダルでは

千葉県立総北高校1年、杉元 照文が乗っています。

弱虫ペダル 32 (少年チャンピオン・コミックス)

 

5位 BMC(ビーエムシー)【スイス】

「Bigelow Mounting Company(バイシクル・マニュファクチュアリング・カンパニー)」の略で、1986年にラレーブランドを卸売販売する会社として設立されました。そのライセンスが切れたことで1994年に立ち上げられた、100%スイスメイドのバイクは、いつも衝撃とともに認知されてきました。角型のチューブを多用するなどデザインが特徴的。2011年、BMC・レーシングのカデル・エヴァンスがツール・ド・フランス総合優勝を果たしました。
f:id:savoia1976:20141020161246j:plain

弱虫ペダルでは【BMC SLC01 らしい

千葉県立総北高校1年、小野田 坂道が乗っています。

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

6位 PINARELLO(ピナレロ)【イタリア】

ジョバンニ・ピナレロがプロ選手引退後、1953年に工房を立ち上げたのが始まりです。コルナゴ・ビアンキ・デローザなどと並び、イタリアンバイクの代表格です。1990年代にはミゲル・インドゥラインの所属するバネスト(現在のモビスター・チーム)にフレームを供給し、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアなど多くの大レースで勝利を挙げたことで、一躍日本でもその存在を知られるようになりました。

f:id:savoia1976:20141020162017j:plain

弱虫ペダルでは【Pinarello Prince Carbon らしい

千葉県立総北高校1年、鳴子 章吉が乗っています。

弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)

 

7位 CERVELO(サーヴェロ)【カナダ】

カナダトロントに本拠を置くロードバイク・トライアスロン用フレームメーカー。1995年にフィル・ホワイトとジェラード・ヴルメンにより設立され、現在もこの二人が会社を経営しています。2012年よりオランダのポンバイシクルズビジネスグループ傘下に。流体力学に基づいて設計され、翼断面を採用したカーボンフレームが特徴。創業にからわずか15年ほどで多くの勝利に貢献するトップブランに成長しました。

f:id:savoia1976:20141020162615j:plain

弱虫ペダルでは【Cervelo R3 らしい

箱根学園3年、新開 隼人が乗っています。

弱虫ペダル 15 (少年チャンピオン・コミックス)

 

続き(8位〜21位はこちら)

 

 

関連記事