読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

【改造】Mac Mini(Late2012)に、eSATA接続。3TBのHDDが、240MB/sで接続できる。

Technology Technology-Mac

ファイルのバックアップ環境改善の一環として、大容量ストレージを接続したファイルサーバー用のPCが欲しくなり、年末にMacMiniを改造しました。

自宅でのデータバックアップはNASを使っていたのですが、メインPCをMacBookProにしてからNASの遅さが辛くなってきました。それはSSDの速さに慣れHDDが遅すぎるというわけではなく、SSDの容量が少ないためデータの整理をする場がNASになってしまい、更にNASの能力が低いためデータ整理にかなりのストレスと時間を要するようになったからです。

 

RAIDケースで、大容量&高速化

とういうことで、使っていないMacMiniをファイルサーバーにするために購入したのはロジテックのLHR-4BRHEU3。

ロジテック HDDケース 3.5インチ 4Bay USB3.0 eSATA接続 RAID機能搭載 ガチャベイ LHR-4BRHEU3
 

 

4台のHDDが入るので、大容量化は簡単。そして、RAID0で高速化を図れればと選びました。

HDD1台の転送速度は60〜100MB/s程度ですが、RAID0で2台、3台と束ねると、2倍、3倍のスピードに!!

とりあえず、3台で250MB/sぐらい出たら嬉しいかなと、1GBのHDDを3台購入。

 

問題は、SUB3.0かeSATA接続か?

接続は、250MB/s程度を目指すのでUSB3.0でも良かったのですが、eSATA接続がどうしてもやってみたくなり、Mac Mini のLate2012を改造してeSATAの口を作ることに。

 

USB3.0の転送速度は、最大で500MB/s。一方eSATAは、SATA 3.0に対応しているのなら6Gbpsの600MB/s。(この製品のeSATAは3Gbpsだった。)

そしてeSATAは、PC内部のHDDの接続方式のSATAと同じものなので、USBでの転送のための変換が無い分、有利なのではないか?

 

MacMiniの改造

結果、こんな感じになりました。「しっぽ」です。

f:id:wedges:20170117103840j:plain

裏蓋は、3個所で留めるのですが、1個所留まっていない、浮いている状態。

f:id:wedges:20170117103933j:plain

f:id:wedges:20170117103958j:plain

 

私のMacMiniには、HDDが1台入っていて、もう1台分のスペースが空いている状態。

ここに、SSDやHDDを追加するには、ケーブルを追加する必要があるのですが、もちろん純正品は入手出来ないので、Amazonでこんなのを買う。

MacMiniによっては、空きスペースが下段だったり、上段だったりするので、どちらが空いているか確認してから、購入しましょう。

 

f:id:wedges:20170117103916j:plain

f:id:wedges:20170117110249j:plain

 

で、速くなるの?

結果がこちら。まず、USB3.0接続の転送速度。

f:id:wedges:20170117104246p:plain

 

次に、eSATAの転送速度。

f:id:wedges:20170117104329p:plain

変らない・・・。というか、USB3.0の方が若干良い!

 

ちなみに、HDD1台での転送速度はこちら。

f:id:wedges:20170117104427p:plain

 

RAID0で、きっちり3倍にはなりませんが、へたなSSD程度の速さはあるではないでしょうか?

 

まとめ

eSATAにするのは、かなりムダだったかも。そもそも、ロジテックのHDDケースが6G eSATA接続が出来ない製品だったし。

 

USB3.0で、何の問題もなかったわけです。

 

今後、SSDと3.5インチの大容量HDDで、フュージョンドライブを構築するなら、今回のケーブル引っ張りだす方式はありなのかな?

 

まあ、3台HDDのRAID0ドライブに、プラスSSDでフュージョンドライブしたら、安定はしなさそうなので、やるなら3TBのHDD1台のみの接続かな。

 

ちなみに、RAID0内のデータは、まるまるとNASでバックアップを取っている状態ですよ。(RAID0は信頼性がかなり低いので。)