読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

気軽にはできないアップデート。会社におけるMacのバージョンアップ。

そろそろ、OSのアップデートをしないと・・・。

2017年の今、OS10.8で仕事をしている。
最新のOSは10.12で、年内に10.13になるのだろう。

 

なんで、古いままなのか?

紙媒体中心のグラフィックデザイン業なので、WEBのような全ての一般ユーザーに対応させる必要がなく、制作したデータは最終的に印刷所等へ行くのですが、OSやソフトのバージョンを上げ過ぎると対応できない所があったり等、頻繁なアップデートを必要としないのです。

 

なので、ソフトも2バージョンに1回アップデートで、ADOBEソフトはCS2、CS4、CS6と進み、CCにはまだ移行していない。

 

そして、OSのアップデートは、Macを買った時だけ。毎回アップデートしないので余計にしんどくなるのです。色々な機器のドライバーもアップデートしないといけなく、最新のOSに対応しているか調べるもの一苦労だったり。各種プリンター、スキャナー、ペンタブ、カードリーダー、BDドライブ等。

さらに、ソフトもADOBEだけではなく、Font用のソフト、Mac用officeなども、バージョンアップさせていかないといけない。かなりの予算も必要になります。

 

それでも、頑張ってアップデートしていった遍歴が以下です。

 

2003年

PowerMac G4 Mirrored Drive Doors/OS9.2
OS9がインストールできる最後の機種

f:id:wedges:20170512200149j:plain

 

2005年

Power Mac G5 (Early 2005)/OS10.4
Classic環境が使える最後の機種

f:id:wedges:20170512200207j:plain

 

2008年

Mac Pro (Early 2008)/OS10.5
32ビットから64ビットに切り替えていくために導入した機種

f:id:wedges:20170512200227j:plain

 

2012年

Mac Pro (Mid 2012)/OS10.8
発表された黒い筒状のMac Proの拡張性の無さと、無駄スペック(3Dも映像もやらないので)に恐怖し急いで購入した機種。

 

2017年、アップデートしたいが購入するMacがない!?

Mac Proが黒くなった2013年からMac Proが出ていない。

今使っているOS10.8では、ブラウザーの更新もできなくなり、ADOBEもCCを入れたくても対応していない。

そして、だいぶ支障がでてきた。

 

OSだけのアップデートも考えましたが、代替機がない状況でのアップデートは危険がありすぎる。(予備機は現在稼働中でしばらく使えない。)

 

ということで、Mac Miniを購入することを提案。
職場ではEIZOのモニターを使うので、ノートや一体型である必要はない。

そして、個人で使っているMacBookProで色々と作業はできているので、MacMiniもスペック上げれば何とかなるのではないかと。

懸念は、ポスター用の数ギガバイトある画像の加工や、イラレで作成してしまう40ページのパンフデータなどがフリーズせずに処理できるかだ。

 

まずは、1台実験的に購入したMac Miniが来週届きます。

 

f:id:wedges:20170512194341j:plain

PCIeベースのSSDにかなり期待をしていますが、欲をいうとメモリーはDDR3ではなくDDR4が良かった。まあ、2014年のものなので仕方がない。

2017年版が発売されたら、もう少し理想的なスペックになるかもしれませんが。USB3.1が付くとかね。

 

グラフィック周りがオンボードですが、基本的に2Dだけなので問題はないと思うのですが、辛いようだったら下記のようなPCIeケースの購入かな。

f:id:wedges:20170512195240j:plain

 

さて、来週はアップデート作業かな〜。