中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

常総市・鬼怒川の決壊場所と、ソーラーパネルの位置。GoogleMap上で調べてみた。

台風18号により、被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

 

今回の茨城県常総市の鬼怒川の決壊について、「人災ではないか?」ということが、ネットで騒がれています。

噂レベルのものや、何だかわからないまま騒いでる人たちが多く、実際はどうなのか?
なかなか、テレビでは報道していない微妙な話なので、調べてみました。

 

決壊場所は2箇所

上流の方が、ソーラーパネルのある付近。
下流の方が、ヘーベルハウスが凄いと騒がれている付近です。

 
マップは、国土地理院の「茨城県常総地区の推定浸水範囲(PDF:1.7MB)」を参考にしています。

f:id:wedges:20150913015031j:plain

台風18号による大雨等に係る情報|国土地理院

 

実際の状況

上流のソーラーパネル付近の航空写真

f:id:wedges:20150913015919j:plain

f:id:wedges:20150913015943j:plain

 

下流の決壊した付近の航空写真

f:id:wedges:20150913020030j:plain

f:id:wedges:20150913020147j:plain

これらの航空写真は「鬼怒川付近の航空写真」から見ることが出来ます。

 

Google クライシスレスポンスより引用

 

噂に対する感想

決壊場所は同じ所ではないのですが、混同しやすい表現のサイトが多い気がします。

 

ソーラーパネルの設置で、林を伐採しているということは事実のようですが、堤防を削っているかどうかは、ちゃんとした取材に基づく報道に任せるべきではないでしょうか。

 

上三坂地区など6地区の住民に対し、「避難指示」や「避難勧告」などの避難に関する情報を出していなかったことに、上流での「越水」が原因の一つであるとの報道がされていますので、「人災」かどうかは、いずれ判明するのではないでしょうか?

 

 

追加情報