読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

Googleの自動アルゴリズムによるペナルティから復活までの作業。

2週間前に、このブログの稼ぎ頭のページだけが、Googleの検索結果に出なくなりました。

 

f:id:wedges:20150906172855j:plain

 

稼ぎ頭と言っても、1日400アクセス程度あるだけですけど。

 

で、ちょっと下心を出して、Amazonの広告をサイドバーに増やしたのです。

 

そしたら、そのページが・・・・。

他のページは問題なく、検索結果に出てくるのに・・・。

 

原因は何だったのか?

多分であるが、1ページに表示されているAmazonアフィのアイテム数が多すぎたのではないかと考えています。

 

ペナルティを受けたのは、ランキングを紹介した記事。「◯◯ランキング」記事はうまくいくと結構なアクセス数を稼げるらしいので作った記事でした。

 

21位までのランキングで、それぞれにキャラクタの画像が欲しかったので、コミックの表紙をAmazonアフィで貼り付けていきました。数にして15個以上かな。

 

ランキング記事なので記事が長い。なので、サイドバーにAmazonアフィを20点も追加したのだ。すると1ページに合計35点以上に。

 

しかも、意外にサイドバーのAmazonアフィをクリックする人が多かったのが影響したのか、1日でペナルティとなりました。

 

回復までにしたこと。

まず、記事をいじるのは面倒なので、とりあえずサイドバーの広告数を20点から10点にして、ウェブマスターツールのFetch as Googleで、再度インデックスするように送信。

 

しかし、1日経ってもインデックスされない。

 

記事の中のAmazonアフィは、画像が欲しいだけだったのでアフィである必要は無いのだが、別の画像を探すのも面倒だ。

 

で、思いついた!記事を2つに分割するのはどうだろうか?

記事を分割すれば、記事中のアフィ数は8個程度に。サイドバーのアフィと合わせても18個だ。このぐらいなら、まとめサイトではよくある数ではないか?

 

早速、ウェブマスターツールのFetch as Googleで、再度インデックスするように送信!

 

すると、1日経ったころ、アクセス数が回復!ちゃんとインデックスされている。

 

ランキング記事も問題かもね。

まあ、アフィとかやらなければ問題ないだろうけど、アフィ目的なら記事を分割してもそこそこの文字数をキープできるぐらいの記事でないとダメだろうし、意外にランキング記事はオイシくないかもね。