読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線に乗って考える

好きなモノとか、欲しいモノとか、日々のこととか

2015年、人気のテニスラケットは?プロが選ぶメーカーランキング!

Entertainment Entertainment-Ranking

昨年、錦織圭選手が全米オープンで準優勝し、テニス人気が上昇中!NHKでもベイビーステップというテニスのアニメも、第2シーズン開始と人気があるようです。

 

今年から、テニスを始めようとする方も多いかと思いますが、どんなラケットが良いのか?初心者でも良い物を使ったほうが上達も早い!?

 

 Wilson Burn 95【錦織圭選手モデル】なんていかがですか?

Wilson(ウイルソン) BURN 95 SMU TNS FRM 3 (フレームのみ) WRT7271203

Wilson(ウイルソン) BURN 95 SMU TNS FRM 3 (フレームのみ) WRT7271203

 

 

ということで、トッププロが使っているメーカーをランキング!
(男女上位10位で、多くの選手が使っているメーカー順を発表します。)

 

1位 ウイルソン(Wilson)

f:id:savoia1976:20150405200412j:plain

ウイルソン・スポーティング・グッズ・カンパニー(Wilson Sporting Goods Company)は、アメリカ合衆国のスポーツ用品の企業で、テニス、ゴルフ、野球、アメリカンフットボールなどを手がけています。

 

実は精肉業者でした。1913年に精肉の際に出る皮やスジの再利用でスポーツ用品の製造を始めました。社名のウイルソンは創業当時の大統領ウッドロウ・ウィルソンにあやかって付けられたそうです。

 

使用しているプロは?

フェデラー、錦織、ラオニッチや、女子ではランキング1位のセリーナ ウィリアムズ、シモーナ ハレップなど上位の選手が多い。

 

Wilsonのプロが使用しているモデル

PRO STAFF RF(フェデラー)

ウィルソン(WILSON) PRO STAFF 97 (プロスタッフ) WRT7249203 G3

 

BURN 95(錦織 圭)



他にBLADEもラオニッチを始め多くのプロが使用しています。

 

 

2位 ヘッド(HEAD)

f:id:savoia1976:20150405203858j:plain

1950年にメタルスキーの発明者であるハワード・ヘッドがオーストリアで設立。スキーブランドとして成長を続けますが、1969年に、世界初のアルミ製テニスラケットを考案、テニス用品の生産を開始します。

 

 現在、ヘッド・グループは、「ヘッド」ブランドを中核に複数のブランドを擁し、 展開分野はスキー、ゴルフ、ダイビング用品、スポーツウエアと多岐にわたっています。

 

使用しているプロは?

ランキング1位 ジョコビッチや、マレー、女子ではシャラポワなど。

 

HEADのプロが使用しているモデル

 Graphene XT Speed Pro
グラフィンXT スピード プロは、ランキング1位のジョコビッチが使用しています。

HEAD(ヘッド) Graphene XT Speed Pro ノバク・ジョコビッチ使用モデル (フレームのみ) 2 230625

 

 

Graphene XT INSTINCT MP(シャラポア)

HEAD(ヘッド) Graphene XT INSTINCT MP (フレームのみ) 2 230505

 

 

3位 バボラ(Babolat)

f:id:savoia1976:20150405232946j:plain

1875年、創業者のピエール・バボラがナチュラルストリングを開発しフランスのリヨンで創業。以降、140年にわたりテニス用品を作り続けてきています。前身は、手術用の糸と楽器の弦、そしてアーチェリーのストリングを作っていたそうです。

 

現在、バボラはトッププロとストリングの使用契約を結んでいるが、契約金は一切支払われていないとか。ラケット事業への参入は1994年とかなり遅いのですが、プロも多く愛用していてピュアドライブや、アエロプロドライブなどが有名。

 

 

4位 プリンス(Prince)

f:id:savoia1976:20150405234113j:plain

1970年にテニスボールマシンメーカーとしてニュージャージー州のプリンストンに創業しました。ラケットを中心にテニス用品を製造しているメーカーです。

 

1976年にはストリング面が110平方インチのテニスラケット「クラシック」を発表。70平方インチほどしかなかった従来のラケットに対し、1.5倍のフェイス面積でデカラケと呼ばれた。1978年USオープンでパム・シュライバーがこれを使って決勝進出するのを目にしたテニスファンや他社メーカーがこれに追随し、世界的なデカラケブームになり、それまでのラケットの常識を完全に覆すことになった。

 

ちなみに、こんな方たちも使用契約している!w
 ベイビーステップの丸尾栄一郎と鷹崎奈津だ。

f:id:savoia1976:20150405234630j:plain

人気テニスマンガ「ベイビーステップ」エーちゃんとなっちゃんの使用ギアを公開 | prince プリンスラケット

 

 

5位 ヨネックス(YONEX)

f:id:savoia1976:20150405235348j:plain

創業者の米山稔が、1946年に新潟県で「米山木工所」を創業。当初は漁業用の木製浮きを製造していたが、1957年にバドミントンラケットの製造を開始する。

 

1969年にはアルミ製テニスラケットの製造を開始。現在VCORE、EZONE、S・FITといったラインナップがあり、プレースタイルに合わせたアイテムを選べます。

 

VCORE Tour G(スタン・ワウリンカ)

Yonex(ヨネックス)Vコア ツアーG (310g)(海外正規品)(VCORE Tour G (310g) Racket)/G2

 

S-FiT Grace105(クルム 伊達 公子)

ヨネックス(YONEX) S-Fit Grace 105 (フレームのみ) ブライトブルー G2 SFG105